自宅で出来るハイドロキノンを使った美白方法

ハイドロキノンは最強の美白成分と言われていて、美容外科やエステなどでよく使われています。エステや美容外科だと料金が高くついてしまいますので、自宅で出来るハイドロキノンを使った美白方法を紹介します。

ハイドロキノンの美白効果とは

昔から女性のお肌のお悩みで多いとされるのが、シミやそばかすなどの肌トラブルです。頬や鼻・目の周りのシミやそばかすが無ければ、何倍もお肌が美しく輝いて見えるものです。数ある美白コスメの中でも本当に効果があるとして、最近話題になっているのがハイドロキノンという成分です。ハイドロキノンは別名「お肌の漂白剤」とも言われるほどに、非常に優れた美白作用を持っている成分です。お肌のシミ・そばかすなどの色ムラを改善したい方や、シミの予防をしたい方には最適の美白成分です。そもそもシミが出来るのはシミを生成するメラノサイトという細胞で、メラニン色素を作り出すチロシナーゼが活性化して引き起こされます。ハイドロキノンにはこのメラノサイトに直接働きかけて、メラニン色素を作り出すチロシナーゼの活性化を抑制する作用があります。そのためシミの元になるメラニン色素が生成されないので、シミを根本から防ぐことが出来ます。またハイドロキノンは他の美白成分とは異なり、皮膚の奥に沈着したメラニン色素にまで働きかけることが可能です。そのためシミの予防と共に、出来てしまったシミにも非常に効果的なのが特徴です。ハイドロキノンを使用したスキンケアの実際の効果は次の通りです。ハイドロキノンが含まれたクリームを塗布した患部が徐々に赤みを帯びてヒリヒリとしだし、数日後でかさぶたになり古い皮膚が剥がれ落ちます。古い角質と共に剥がれ落ちた皮膚の代わりに、新しく美しい皮膚が再生されます。これがハイドロキノンでシミを無くして、お肌が生まれ変わるというメカニズムです。とはいえハイドロキノンは効果的な反面・使用法や用量をしっかりと守らないと、反対にお肌を傷つけてしまい兼ねない成分でもあります。特に使用中は紫外線の影響を非常に受けやすいので、日焼け止めには十分な注意が必要です。